映画大好きぶろぐ

〜映画ってほんとすばらしいですね〜


Entry : main   << >>
エコーズ
0


     羽が舞うから行かないよ…。
     出演:ケヴィン・ベーコン,キャスリン・アーブ,その他
     監督:デヴィッド・コープ

     ストーリー:
     『宇宙戦争』の脚本家、デヴィッド・コープが監督・脚本を務め、ケヴィン・ベーコン主演で贈るサスペンスホラー。妻と息子と平凡だが幸せな暮らしを送っていたトムは、義理の姉に催眠術をかけられたことから生活が一変し、常軌を逸した行動をし始める。

     感想:
     催眠術によって覚醒する力、たしかに人間の脳は100%使いきれていないから、無いとは言えない。

     むしろ在るんだろうと思う。

     テレパシー、超能力、霊感…。

     それらはいつ覚醒してもおかしくないはず。

     この作品ではそれがうまく表現されているなぁって思います。

     大人になった…たぶん固定観念を持ち始めたって言ったらいいのかな、その状態で突然覚醒、人間は当然精神異常をきたすだろう。

     それがどうだろう、子供の場合…目の前の全てを受け入れてしまう。

     普通の人には見えないものがあっても動じない。

     はじめから「見える」のは怖くないんだろう。

     今、そんな力があったら…いらないって思うかも。

     ただでさえ見たくないものをたくさん見せられてきたからね。

     見なくていいものの方が多いよ世の中…。


     若干、映画の展開が読めちゃうってとこも、こういう作品ならしょうがないのかな…。

     いやね、サスペンスだと思って借りたら、幽霊が出たなんて感じだったから、ちょっと気になっただけです。
    | realluck | 11:59 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    Comment







    Trackback
    地味で普通だけど、全然ダメでもない、微妙な評価になりますね。
    気分次第の私的映画評価 | at: 2006/05/15 4:08 PM