映画大好きぶろぐ

〜映画ってほんとすばらしいですね〜


Entry : main   << >>
メメント
0


     曖昧を形にしたら、人間の記憶に辿りついた。
     出演:ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス、ジョー・パントリアーノ
     監督:クリストファー・ノーラン

     ストーリー:
     およそ10分間しか自分の記憶を保てなくなった男レナード(ガイ・ピアース)。彼は妻をレイプし殺害した犯人を捜し出すため、ポラロイド写真を撮り、メモを取り、大事なことは身体に入れ墨で書き記すなどして必死の行動を始める…。

     感想:
     なかなか難しい作り方の映画だなーっと思ったんですが、後から考えるとすごい構成力だった事に気づいた。

     10分間で記憶がリセットされるから見ているこっちも記憶を辿ることになる。

     だから映画の主人公も必死なんだろうけど、自分もいっしょになって必死こいてた。

     記憶を形や文字にして残しても、それが何を意味するものなのか思い出さない限り、ただの形になってしまう。

     怖いとこついた映画だな…。

     もしこんな記憶障害になる薬があったら、戦争兵器になりそう…。

     実生活でメモとか取り始めたのは、この映画がきっかけだった。

     でも日記とかはすぐやめちゃうんだけど…。

     記憶をテーマにした映画では、一番印象が強かったのですが、話が逆転しているので整理しながら見ないと頭パンクしちゃうよ。

     しかし、人間の記憶って曖昧だよなー。

     自分の記憶が曖昧なだけかもしれないけど…。

     夢と現実を簡単に行き来できる時点で、自分の記憶はあてにならない。

     今この時間も夢かもしれないし、そうじゃないかもしれない…。

     確認する術は、他人に聞くか、時間にまかせるか。

     それと体に傷を付けてみるか?
    | realluck | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment







    Trackback